「お年は何歳ですか」吉永小百合、72歳“最後の日”に児童から仰天質問

 女優、吉永小百合(73)が12日、主演映画「北の桜守」(滝田洋二郎監督)の公開を記念して、桜の名所・奈良県吉野町の町立吉野小学校でイベントを開催した。同作で桜を育む桜守を演じた小百合は、授業の一環で苗木から育て、吉野の桜を守る児童たちに感激。一方で、桜に勝るとも劣らぬ美しさに驚きの児童から「何歳ですか」と直球の質問をぶつけられ、笑いをこらえられなかった。

 13日が73歳の誕生日の小百合。72歳“最後の日”に、吉野で生まれ育った小2の少女の素朴な疑問に絶句した。

 「お年は何歳ですか」

 全校児童123人を取り囲む教職員、イベント関係者がドッとわく中、小百合も笑いをこらえきれず、肩を震わせてうつむいた。

 「そうね。いくつだと思いますか。ナナジュウ…ニサイ」と明かすと、児童からは「えーっ!?」と、どよめきが。「だから、あなたたちのおばあちゃんくらい。でもね、私は子供がいないので、ずっと元気にスポーツして、映画の仕事をして飛び回ってます」と笑顔で答えた。

 古来、日本一の桜の名所として知られ、山全体が世界遺産の吉野山。同校も「ふるさと教育」という授業の一環として桜の苗木を育成し、吉野山へ返している。先月には4年生が種をまき、6年生は育った苗木を吉野山に植樹したばかりだ。

 「本物の桜守ですね。今年も行ってきたの? 寒かったでしょ。素晴らしいことです」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ