周防監督がリアル「シコふんじゃった。」 母校・立大相撲部救う!

 映画「シコふんじゃった。」などで知られる周防正行監督(61)が母校・立大相撲部の名誉監督に就任し13日、東京都内で会見した。今年、創部100年目の伝統校だが、選手はたったの2人。部員獲得とチーム活性化のため、相撲好きの周防氏に白羽の矢が立った。元横綱日馬富士問題など不祥事続きの相撲界にも言及し、「子供たちが憧れる世界であってほしい」と願った。

 部員が激減し、団体戦出場が危うい-。この日、西池袋の立大で行われた会見に吉岡知哉総長らと出席した周防監督は、名誉監督の就任要請に対し、「恩返しのためにも素直に『ハイ』と言った」と即決だったことを明かした。

 周防監督の出世作となった1992年公開の「シコふんじゃった。」は、本木雅弘(52)ふんする大学生が教授に頼まれ、8年生部員(竹中直人、61)1人が奮闘する相撲部に助っ人として入部し活躍する物語。相撲の魅力に触れて本気で勝利を目指す姿は感動を呼び、映画賞をにぎわした。同作のモチーフとなったのが、立大相撲部の部員減少問題だった。

 同部は1919年創部の伝統校だが、70年代から部員が減少し、82年から12年間はゼロ。柔道部員らが助っ人で試合に出場した。「シコふんじゃった。」の影響で一時は部員不足は解消されたものの、現在は選手2人と女子マネジャー4人に。東日本学生リーグ2部に所属し、40年ぶりの1部昇格を目指すが、6月に開催される東日本学生相撲選手権大会の団体戦には選手5人が必要で、出場が危ぶまれている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ