たけし、独立を語る「退職金はもらってない。3億はもらえたんだよ」

 タレント、ビートたけし(71)が17日、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜後10・0)に生出演。今月末で所属事務所のオフィス北野を退社し、独立することについて言及した。

 オープニングでスタジオに座り込んで登場したたけしは、「俺の事務所を俺が辞めて何の文句を言われるんだ」と苦笑。「仕事を増やすわけでもない。(オフィス北野から)退職金はもらってないんだよ。3億はもらえたんだよ」とした上で、「ちょっと映画監督に(気持ちを)切り替えてAV男優になろうかと」とジョークを飛ばした。弟子のたけし軍団は全員残留するが、「あいつらは得してるんだ。俺はお金を何億もあげたんだから。冗談じゃないよ」と強調した。

 またTBSの安住紳一郎アナウンサー(44)に対し、「うちに来ない?」と勧誘し、「TBSの3倍払う。ボーナスあり。結婚式の司会もいっぱい取るし、競馬中継も」とアピールした。

 たけしは古希を迎え、新境地として以前から独立を考えていたという。4月1日からは3年前に設立した新会社「T.Nゴン」を拠点に芸能活動を行う。「ゴン」は愛犬の名前で昨年3月、同社の代表取締役に就任。多岐にわたり才能を発揮するお笑い界の重鎮で世界的な映画監督は、同年9月には自身初の恋愛小説「アナログ」を出版していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ