フジ山崎アナ「とくダネ!」内での結婚発表「あるといいですねえ」

 4月2日の放送から新体制となり、20年目を迎えるフジテレビの朝の情報番組「とくダネ!」(月~金曜前8・0)のメインMC、小倉智昭(70)と新たなMCとしてレギュラー出演する同局の伊藤利尋(45)、山崎夕貴(30)両アナウンサーが22日、取材に応じた。

 --まずは、意気込みをお願いします

 小倉「ありがたいことに僕は最初からやらせてもらって、そろそろいろんな声が聞こえてくるかなと思っているときに意外にも伊藤君や山崎さんとやれると聞いてまずは驚いた。個人的には大変興味のあるお2人。おそらく暴走老人を止められるのはこの2人しかいないということで起用されたんじゃないかと思っているので、今まで以上に突っ走ろうかな、と」

 伊藤「ほどほどに(笑)。3年間夕方のニュースを担当。数字的なこととかいろんな要素があって夕方のニュースが変わるということに…この話、もっとした方がいいですか? このくらいでご容赦いただいて(笑)。そして、いろんな声をいただいて個人的には意気に感じ、小倉さんのもとでむしろ僕の方が暴れたいな、と」

 山崎「お話をいただいたとき、本当にただただ驚いた。今までエンタメニュースを中心にやってきたので、ニュース性の強い番組が私に務まるのだろうかとすごく不安だった。でも、お2人の先輩の胸を借りて安心感をもってついて行きたい」

 --小倉さんがお2人にご興味があったというのは?

 小倉「伊藤君に関しては20年くらい前からかな、廊下で会うと『早くフリーになった方がいいよ』と言っていた。彼の仕事ぶりを見ていて、もの作りが好きで面白い人だなと思った。こういう人こそフリーになる方がいいんだ」

 伊藤「あのアドバイスを聞いときゃよかった(笑)」

 小倉「山崎は黙ってそこに座っているだけでもキラキラしている。人の話を聞くのがうまい。バラエティーでも情報番組でも通用すると思うが、本人は情報番組と聞いたときから体調を悪くしたとか?(笑)」

 山崎「不安で。1週間おなかを下して(笑)」

 --逆に小倉さんとご一緒することについては?

 伊藤「『とくダネ!』の輝きみたいなものは皮膚感覚でむしろ感じてきたので、小倉さんにはたくさん教えてもらいたいという思いが非常に強い。ただ、山崎は小倉さんとご飯に行ったことがあるらしく、何で僕はないんでしょうか?(笑)」

 小倉「女の子は誘うよ(笑)」

 山崎「『とくダネ!』のこれまでの枠にとらわれずに、小倉さんにはおんぶにだっこで、体当たりでぶつかっていきたい」

 --ところで、(お笑いタレント、おばたのお兄さんと交際中の)山崎さんは番組内での結婚発表はありそうですか

 山崎「あるといいですねえ」

 小倉「そうなの? 結婚したいんだ」

 山崎「今のところ順調ですので」

 小倉「聞かれる前にそういうこと言う? バラエティーじゃないのよ、情報番組なんだからね。ちゃんとお願いしますよ(笑)」

 --現在、ネットニュースに「とくダネ!」がよく取り上げられるが…

 小倉「よきにつけ悪しきにつけ、話題になるのはいいことだと思っている。これからもどんどん書いていただくなり、叩いていただくなり。これからは伊藤、山崎の方を叩いていただいて」

 伊藤&山崎「ええ~っ!(と絶叫)」

 --朝のワイドショーの視聴率が熾烈になっているが、現状についてどう思いますか?

 小倉「母屋自体がちょっと不振な状態なのでそれもあるかとも思うし、私が19年もやっていると飽きられるということも当然あるでしょう。テレビ朝日の傾向を見ると、年配の方々がかなりあちらに移ってしまった。それは同世代の司会者はもういいぞと思っていることもあると思う。その辺をこの2人がこれからカバーしてくれるんで。僕はもう静かに余生を。そう言いながら、しゃしゃり出ては叩かれる? ただ若いころはもっととげがあった。だいぶ丸くなったと思うが、あまりそうは思われていない、いまだに山崎に辛辣だとか?」

 山崎「ネットニュースを見ているとそういう感じで…(爆笑)」

 終始和やかな雰囲気で、早くもチームワークのよさを披露した取材風景。親しみやすさで人気の山崎アナは、番組進行のほかニューストピックスの新コーナーを担当。全体的にニュースゾーンを拡大しスクープを重視する姿勢はそのままに、VTRやスタジオでのプレゼンを強化。より丁寧に分かりやすく情報を届けていく。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ