きよし&やかん、オフィス北野退社…ビートたけし独立報道後に「申し出」新天地へ

 タレント、ビートたけし(71)が、31日をもってオフィス北野を退社するにあたり、お笑いコンビ、ツービートの相方、ビートきよし(68)とたけし軍団のなべやかん(47)も同日付で同社を辞めることが30日、分かった。今月中旬に退社を表明していたラグビー元日本代表の松尾雄治氏(64)とともに“退社組1号”となる。きよしとやかんは恩人であるたけしの独立を受け、それぞれ新天地での活動を決意した。

 4月1日の“たけし独立記念日”まで2日に迫ったこの日、相方と弟子の退社が明らかになった。

 きよしとやかんは、たけしと同じ31日付でオフィス北野を退社。すでに退社を決めていた松尾氏も今月末で辞める。

 サンケイスポーツの取材にオフィス北野の森昌行社長(65)は「退社は事実です」と認めた。たけしの独立が報じられた今月中旬に申し出を受け、2人はたけしが4月1日から移籍する新事務所、T・Nゴンに所属する予定はないという。

 事務所の大黒柱が独立し、規模縮小など現在も模索を続ける森社長は「三十数人のスタッフを半分以下に減らすなど今後、厳しい条件下でマネジメントすることを各タレントに説明してきた」とし、今後についてはタレントの希望を尊重。「その中できよしさんもやかんさんも決断された。残念だが、頑張っていただきたい」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ