池波志乃、たけし妻役で20年ぶり女優復帰 来年1月~NHK大河「いだてん-」

 約20年間、女優業を休業していた池波志乃(63)が来年1月スタートのNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜後8・0)で女優復帰することが30日、同局から発表された。

 タレント、ビートたけし(71)扮する伝説の落語家、古今亭志ん生の妻・おりん役で、池波は志ん生夫妻の孫にあたる。

 女優復帰の理由を「祖母の役だからです」と説明。池波が祖母を演じるのは1983年のフジテレビ系「おりんさん」以来約35年ぶり2度目。「何より楽しみなのは容姿以外はある意味(祖父に)そっくりな?最高の志ん生・ビートたけしさんと共演できること」とコメントを寄せた。

 ほかにタレントの武井壮(44)が、日本最初のスポーツ同好会「天狗倶楽部」を創設した押川春浪役で大河ドラマに初出演する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ