ビートたけしさん独立問題 たけし軍団が声明文発表 原因は森社長の「完全な裏切り行為」

 タレントで映画監督のビートたけしさん(71)が、所属事務所「オフィス北野」を退社、独立した経緯について、お笑い芸人の水道橋博士さん(55)らが「たけし軍団一同」の署名で、ブログに声明文を掲載した。

 声明文では、森昌行社長が、たけしさんに無断で同事務所の資金を使って自らが筆頭株主になり、役員報酬を引き上げていた問題があったことを明かし、「会社の財務を信じて任せていた師匠(たけしさん)の信頼に対する、完全な裏切り行為」と指摘。

 問題発覚後、森社長は謝罪し、今後はたけし軍団のプロモーションにも注力すると約束したが、昨年9月末の決算で、同事務所は赤字に転落した。たけしさんは自身の忙しさなどから、赤字転落はおかしいと不信感を募らせ、経営改善などが行われなかったことで、同事務所を離れたとしている。

 一方、たけし軍団としては、森社長からの謝罪を受け入れ、「事務所経営及び芸能活動を、前向きに続けていきたい」と、同事務所に残留することを決意したという。

 森社長は声明文に対し、「このような文書が、一方的にネット等を通じて流されたことに驚きを禁じ得ません。内容についても、私としては極めて不本意であるので、あらためて対応したいと思います」とコメントした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ