有働由美子アナがNHKを退職 「海外での現場取材、自分のペースで」

 NHKの紅白歌合戦や朝の情報番組「あさイチ」の司会として活躍した有働由美子アナウンサー(49)が同局を退職していたことが3日、分かった。

 NHKによると、有働アナウンサーは3月31日付で退職した。

 有働アナは、NHKを通じて3月31日付でコメントを発表。「以前から抱いていた、海外での現場取材や興味ある分野の勉強を自分のペースで時間をかけてしたいという思いが捨てきれず、組織を離れる決断をいたしました」と退職の動機を明かし、「今後、有働由美子という一ジャーナリストとしてNHKの番組に参加できるよう精進してまいります」などと決意を示した。

 有働アナは3月30日で、「あさイチ」の司会を降板していた。

 有働アナのコメントは、以下の通り。

 「平成30年3月31日付でNHKを退職させていただきました。

 27年間勤めさせていただいたNHKにはたいへん愛着があり、定年までしっかり働き続けようと思っておりましたが、以前から抱いていた、海外での現場取材や興味のある分野の勉強を自分のペースで時間をかけてしたいという思いが捨てきれず、組織を離れる決断をいたしました。

 27年前、何も知らない出来ない人間だった私を、ここまで育て上げてくださり、活躍の場を与えてくださったNHKに心から感謝すると同時に、今この気持ちを応援してくださるという懐の深さに改めて感謝しています。

 今後、有働由美子という一ジャーナリストとしてNHKの番組に参加できるよう精進してまいります。

 最後になりましたが、志を同じくした同僚、スタッフ、共演者の皆様、そして何より、こんなヘンテコなアナウンサーを辛抱強く見守り続けてくださった視聴者の皆様に、心からの感謝と御礼を申し上げます。視聴者の皆様のお声なしにはここまで来られませんでした。

 新年度から新たなスタートを切る「あさイチ」の門出を邪魔したくなく、ご報告が遅れましたことをお許しください。

 平成30年3月31日 有働由美子」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ