たけしに迷惑をかけたくない!軍団と森社長が話し合い計画

 タレント、ビートたけし(71)の独立騒動で泥沼化している弟子のたけし軍団と所属事務所、オフィス北野の森昌行社長(65)が、騒動収束に向けて話し合いを持つ計画があることが5日、分かった。

 複数の関係者によると、双方の主張でたけしに迷惑をかけたくないという点が合致していることから、最悪の事態である法的闘争は避けたいと話し合いを持つプランが急浮上。今後は和解への着地点を見つけるべく、話し合いを重ねるが、双方の主張が平行線をたどっているだけに早期解決は難しいとみられる。

 また、オフィス北野の全従業員33人が今月20日付で一旦退社し、事務所の規模を縮小して再雇用を図る件では、軍団の声明文発表前は11人が残留を決めていたという。だが、騒動の泥沼化により、退社を希望する従業員がさらに出る可能性も。事務所再生の懸案材料は多そうだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ