坂口健太郎は「空気を読む」プロファイラー!? TVドラマ初主演作

 若手俳優の坂口健太郎(26)は事務所に入る前、担当者とのこんなやりとりを思い出す。

 「あんまり主演とか興味ないです。その場その場で生きてきた人なので」

 怒られた。

 「最初から端役でいいなんてダメだ。おまえはもしかしたら主役をやるかもしれないから」

 10日スタートの連ドラ「シグナル 長期未解決事件捜査班」(火曜後9・0、カンテレ・フジテレビ系)でテレビドラマ初主演を飾る。

 2010年にモデル活動をスタート。やがて“塩顔”男子ブームを巻き起こす。その後、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」をはじめ、「重版出来!」「東京タラレバ娘」、映画「君と100回目の恋」「今夜、ロマンス劇場で」などでの活躍は言うまでもない。

 《三枝健人(さえぐさ・けんと、坂口)は、独学でプロファイリングを学んだ城西警察署の警察官。しかし、幼い頃に起きた自身も関わりのある女児誘拐殺人事件や、兄が自ら命を絶つ原因となった過去の事件で心に深い傷を負って以来、警察を全く信用することができない。冷静な判断力と観察力、そしてプロファイリングの知識を持ち、いつか自らの手で兄の事件の真相をつかみたいと“内なる情熱”を秘めている》

 物語は、無線機を通じてつながる“現在”と“過去”の刑事が、長期未解決事件に挑んでいく。あきらめなければ、未来は変えられる…取り戻したい“ある過去”への強い思いとさまざまな人間模様が織りなす予測不可能なヒューマンサスペンスとなっている。

 役のプロファイラーについて「本で犯罪心理学や集団行動学などを読んだが、よく分からなかった。人の中身の空気を読むことかな? 明確な答えはないのかも」としながら、知り合いから言われた一言を思い出した。

 「健太郎はたぶん、空気を読む人の空気も読むよね」

 「確かにそうだ」と思った。「一見無頓着に生きているように見られるけど、くせになっている。だから空気を読む僕としては、健人の気持ちが分かる」という。

 怒りや変えたい過去などがキーワードとして浮上するが、坂口は「怒りの原動力はない。僕は自分勝手でエゴも強いけど、鈍感に生きてきた人当たりがいいだけの男」と笑う。

 変えたい過去については「あるけど、変えることに対する怖さがある。今の自分が変わるのが嫌」とキッパリ。あきらめたくないことは、長考して、こう言う。

 「自分の好きさ。自分のことをやっぱり一番ほめてやりたい。わがままでもいいと思うし、自分を律するのは自分。だから相談されたとき、あまり自分の意見を言いたくない。結局は自分が決めること」

 その顔つきからは想像もつかない骨太のコメントが続く。韓国版の映像を先に見たときの感想もそうだ。

 「物語から感じる熱量がものすごかった。スピード、スリル…間を置きたくないという感覚。作品にトゲも感じた。決してギスギスではなく、圧迫感の中に置かれながら見ている感覚が心地よかった。日本版でもドキドキは必要だと思うけど、ブラッシュアップして別のものにしてもいいと思う。いい意味で緊張感をもった作品にしたい」

 「小説が好き」といい、常に本と対峙している坂口らしく、理路整然とインタビューを進める。ちなみに「人の感情が見える物語が好き」だそうだ。

 真面目な熱い話が続いたが、ドラマの全貌を問われると、「ドライアイスみたいな作品? 一見冷たそうだけど、触るとやけどするじゃないですか。ドライアイスっていい例えじゃないですか?」。そう言って、広報担当の男性の顔を見上げた。

 そして「頑張らないとなあ」と自身を鼓舞。その笑顔はさわやかすぎて改めて旬の俳優の原点を見た気がした。

 キャストは、健人と時空を超えて無線機で交信する城西警察署の刑事、大山剛志の北村一輝をはじめ、吉瀬美智子、木村祐一、池田鉄洋、甲本雅裕、渡部篤郎ら。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ