宇多田ヒカル、イタリア人男性とわずか4年で離婚 奔放さは母譲り? 藤圭子は“破局歴”7回

 「Automatic」や「traveling」などのヒットで知られるシンガー・ソングライター、宇多田ヒカル(35)が8歳年下のイタリア人男性と離婚したことが明らかになった。再婚だったが、わずか4年で終止符を打つことになった。

 7日付の日刊スポーツが報じた。離婚時期は、知人の話として「数カ月前に別れている」と伝えた。夫の出身地のイタリア南部プーリア州ファサーノ市周辺でも離婚の情報は徐々に広まりつつあるという。

 宇多田は“人間活動”に専念するとして無期限で活動休止していた2014年2月、同市内の高級ホテルのバーテンダーだった男性との結婚を発表。翌年には第1子となる長男を出産していた。

 自由奔放な言動で知られる宇多田。前夫の写真家で映画監督の紀里谷和明氏(49)との結婚生活もわずか4年半。

 「母親の藤圭子さんは前川清と結婚しましたが、わずか1年で離婚。その後、宇多田の父である照實氏と再婚しますが、この2人は離婚と再婚を繰り返し、結果的に7回も離婚しているのです。宇多田の奔放さは母譲りでしょう」とマスコミ関係者。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ