元SKE48・矢方美紀、ステージ2の乳がん…25歳で左乳房全摘出

 元SKE48の矢方美紀(25)が13日、公式ブログで、乳がんを患い、左乳房を全摘出したと公表した。所属事務所などによると、1月末に左胸にステージ2の乳がんが判明。リンパ節に転移しており、4月2日に左乳房全摘出とリンパ節切除の手術を受けた。昨年2月にSKEを卒業し、名古屋でタレント活動を始めたばかり。すでに退院し、「1日でも早く治したい」と前向きにつづった。

 25歳の元アイドルが乳がんに冒されていた。

 昨年2月に約7年間在籍したSKEを卒業した矢方は今年3月、体調不良を理由に活動を休止。SNSで通院していることを明かし、ファンが心配していたことから、この日、病名を初告白した。

 ブログや所属事務所によると、昨年12月、左胸に違和感を覚えて2カ所の病院で診察を受けたところ、今年1月末にステージ2の乳がんが判明。リンパ節に転移しており、3月30日に名古屋市内の病院に入院。4月2日に左乳房全摘出とリンパ節切除の手術を受け、同9日に退院した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ