国分太一、大泣き生謝罪 山口は「病院に行ってお酒と向き合っていた」

 TOKIOメンバーの国分太一(43)は26日、MCを務めるTBS系情報番組「ビビット」に生出演し、番組冒頭で「山口が起こしてしまったことは絶対に許される行為ではありません」と涙ながらに謝罪した。

 まるで喪服のような黒いスーツに黒いネクタイ姿の国分は被害者やファンに頭を下げ、「20年以上、一緒にいるメンバーがこんなことを起こしてしまった。驚き、悲しみ、悔しい思い、いろんな感情が湧き出てきます」と心境を吐露した。

 コメンテーターのテリー伊藤(68)らとのやり取りで「1カ月の間ではいつもの山口達也にしか見えなかった」と話し、事件が報じられた後、山口を除くメンバー4人で「どんなことがあっても連帯責任だ。どんな処罰でも受けなければならない」とメールのやり取りをしたという。山口本人からは連絡や説明がないとも明かした。

 「(山口は)病院に行ってお酒と向き合っているという話は聞いたことがある」とし、「お酒につられてしまうところがあるからこそ病院に通っていた。そこで断絶したいという気持ちもあったと思う」と説明した。

 山口が被害者と共演していたNHK・Eテレ「Rの法則」については「男の子も女の子も山口君のことを慕っていると聞いていた。こんなことになってしまったのは残念」と悔やんだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ