城田優、ミュージカルは「支え合ってともに乗り越えていく」

 俳優、城田優(32)が第43回菊田一夫演劇賞の演劇賞を受賞し26日、東京都内で行われた授賞式に出席した。

 俳優、浦井健治(36)とW主演したミュージカル「ブロードウェイと銃弾」での演技が評価された。劇作家として天性の才能を持つギャングのボディガードのチーチを演じ、華麗なタップダンスも話題になった。

 授賞式では「チーチという役は共演者そしてスタッフ、関わったすべての人たちが作ってくれたもの。これから臨んでいく作品に対しての身が引き締まる思いを感じております」と感激した。

 ミュージカルは毎回、ストイックに取り組んでいるとし、「アスリートにも近いようなものを感じる」と告白。「五輪に出るような選手とは違い、順位を付けてもらうようなこともないですし、競い合うというよりは支え合ってともに乗り越えていくのが演劇、ミュージカルだと思っています」と力を込めた。

 城田は第65回文化庁芸術祭演劇部門新人賞、第23回読売演劇大賞優秀男優賞受賞を受賞したミュージカル「エリザベート「(2010年、15年、16年)のトート役などでも知られる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ