渡辺謙、南果歩との離婚協議決着で「一文無し寸前」も

一文無し寸前という渡辺謙

一文無し寸前という渡辺謙

 プロ野球が開幕して間もなく1か月。4月20日、今年最初の甲子園球場での阪神タイガース対読売ジャイアンツの伝統の一戦を、スタンドから大の虎党の渡辺謙(58才)が観戦していた。試合は残念ながらタイガースの負け。翌日の試合にも姿を見せたが、この日も負け。

 「大河ドラマ『西郷どん』の撮影が終わり、6月にスタートするミュージカル『王様と私』のイギリス・ロンドン公演の稽古のために渡英する直前の、束の間の休息だったようです。タイガースの泥沼連敗に自分の境遇を重ねていたかも…」(芸能関係者)

 『西郷どん』では、主人公・西郷吉之助(鈴木亮平・35才)が師と仰ぐ島津斉彬を好演した渡辺。4月22日放送回のラストで、砲撃の演習中に「安政5年7月16日、島津斉彬さまはこの世を去られました」とナレーションがいきなり入り、なんの前触れもなく死去。あまりにあっけない最期だったが、その存在感からファンの間では「斉彬ロス」が広がっている。そんな渡辺について、業界内ではある噂が駆け巡っている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ