さんまプロデュースのドラマ「Jimmy」、7月20日から配信!

 タレント、明石家さんま(62)が企画・プロデュースする米動画配信サービスNetflixのオリジナルドラマ「Jimmy ~アホみたいなホンマの話~」が7月20日より配信されることが、27日分かった。

 本来は、7月7日から配信予定だったが、さんま役の俳優、小出恵介(34)の淫行事件の影響で延期になっていた。

 撮影撮り直しに伴い、小出の代役に俳優、玉山鉄二(38)を起用した作品が、ようやく日の目を浴びる。

 同ドラマはタレント、ジミー大西(54)の半生を描く物語で、さんまは「2年がかりの超大作。俺が思ってたとおり、思ってた以上の作品に仕上がりました。初プロデュース作品として大満足!」と喜びの声を上げている。

 ジミー役は、俳優の中尾明慶(29)が担当。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ