りょう、“女版・島耕作”になる!敏腕部長役で7年ぶりドラマ主演

 連載35周年を迎えた人気漫画「島耕作」シリーズの新スピンオフ作品「部長 風花(かぜはな)凜子の恋」が7月に日本テレビ系でスペシャルドラマ化され、女優、りょう(45)が主演することが9日、分かった。島耕作が会長を務める大手電機メーカーの敏腕部長役で、パワハラ・セクハラなど現代の問題に直面しながら、恋にも奮闘する姿を描く。7年ぶりにドラマ主演する実力派が、働く女性の心をリアルに表現する。

 フジテレビ系「コード・ブルー」シリーズで医師、放送中の日テレ系「崖っぷちホテル!」ではバーの責任者などさまざまな働く女性を体現してきたりょうが、“女性版・島耕作”になる。

 漫画家、弘兼憲史氏(70)原作の「部長-」は現在、漫画誌「モーニング」で連載している「会長 島耕作」の新スピンオフ作品で、連載35周年記念として24日発売号から全6回で掲載されることが決定。今回のドラマはその連動企画として、7月に日本テレビ系深夜枠で2週連続放送されることになった。

 りょうが演じるのは、島が会長を務める大手電機メーカーの敏腕部長で、サックス奏者としても活躍する凜子。ワークライフバランスを実践し、ライバル社員の妨害にも屈しないジャンヌ・ダルク的な存在だ。制作側から「男性と渡り合うアラフォー女性の芯の強さを表現できる女優」として選ばれ、2011年のNHK「ビターシュガー」以来、7年ぶりのドラマ主演が決まった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ