東出昌大、10分以上の拍手に涙…主演「寝ても覚めても」がカンヌ国際映画祭公式上映

 俳優、東出昌大(30)の主演映画「寝ても覚めても」(濱口竜介監督、9月1日公開)が現地時間14日、フランス・カンヌで開催中の第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で公式上映された。

 東出は黒のタキシード姿、ヒロインの女優、唐田えりか(20)は黒のドレス姿で、ともに初参加となったカンヌのレッドカーペットに登場。

 上映後は10分以上拍手が鳴り止まなかった。感激のあまり観客に「メルシー!(ありがとう)」と大声で叫んだ東出は「万感の思いで受け止めた。2階席から身を乗り出して拍手をしてくれた人がいた。映画の思いが届いたんだと思ったけど、感謝を伝える言葉が浮かばず、つたないフランス語で『メルシー』と言いました」と目がウルウル。唐田も「この場にいるのが奇跡のようです。みんなへの感謝と愛があふれました」と号泣した。

 コンペ部門には是枝裕和監督(55)の「万引き家族」(6月8日公開)も出品。授賞式は最終日の現地時間19日に行われる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ