関ジャニ∞・村上信五に重責… テレ朝・サッカー中継プレゼンター就任 香取慎吾の不敗神話引き継げるか

 「サッカーももちろん競争が激しいが、村上はフットサルが趣味で、大のサッカーファンとして知られています。14年のW杯ブラジル大会ではTBSで中継キャスターを務めたほどです」と先の芸能事務所マネジャー。

 で、今回のテレビ朝日でのプレゼンターへの就任と相成ったわけだが、こんな懸念を示す声も。

 「これで2020年に向けた足場固めができたということですが、テレビ朝日のサッカー中継といえば、これまでは元SMAPの香取慎吾(41)が05年から『応援団長』を務めていました。香取はSMAPが解散を発表した16年8月の段階で辞任したまま空席になっていたわけですが、実はこの後釜はかなりの重責なのです」と女性誌編集者。

 こう続ける。

 「というのも、香取が生観戦した日本代表の試合は負けないという“不敗神話”が生まれていたからです。その実績は団長に就任した05年から13年までの10勝5敗。こうしたことも香取がサッカーファンから支持されていた理由です。村上は、この“不敗神話”を引き継がなければならない。これは、かなりのハードルでしょう」

 “慎吾”から“信五”へ不敗神話が受け継がれればいいが。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ