立川志らく、モロ師岡、川上麻衣子がドロドロの三角関係に!? 週末エンタメ

 俳優、コメンテーター、バラエティーのほかサンスポ競馬面「志らくの人情競馬」でもおなじみの落語家、立川志らく(54)が脚本・演出・主演を担当する劇団「下町ダニーローズ」の舞台「人形島同窓会」に、女優の川上麻衣子(52)がヒロインとして出演する。

 川上が志らくと出会ったのは11年前。街角で下町ダニーローズの舞台のポスターにふと目を止め、飛び込みで見たのがきっかけだった。モロ師岡(59)や漫画家、蛭子能収(70)ら個性派の熱演に驚き、その感想を率直に志らくに告げると、すぐに「次から出てほしい」とオファーが。それ以来、4回目の客演となる。

 今回の物語は東京都内の西アフリカ料理店を舞台に、ある高校の同窓会が開かれるところから始まる。川上は高校時代マドンナ的な存在だったバツイチ女性の役で、志らく扮する刑事とモロ師岡扮するジャーナリストの間でドロドロの三角関係が発生。楽しいはずの同窓会がやがて西アフリカの民間信仰「ブードゥー教」の儀式もからみ二転三転、サスペンスホラーになってしまう。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ