桐谷美玲の結婚スクープ→否定→肯定のワケ

 【芸能ニュース舞台裏】

 立て続けに女優の熱愛・結婚ニュースが飛び出した。

 「桐谷美玲と三浦翔平の結婚を一部スポーツ紙が報じましたが、その後『結婚は否定』といった記事が出てくる。ところが翌日になると、そろって『結婚へ』ということで落ち着く。このスクープ→否定→肯定、という路線は既定路線です。否定しているうちに、CMのクライアントなどへの説明を終え、肯定へと転じるわけです」と女性誌記者が解説する。

 石原さとみ(31)や剛力彩芽(25)といった“売れっ子女優”の熱愛も相次いだ。2人とも相手は、今をトキメクIT企業の経営者だ。

 「どちらも当たりですね」と情報番組ディレクター。

 「石原はかなり前のめりで、周辺に『今まで出会った人の中でも、一番いい人』とのろけています。以前交際していた山P(山下智久)と結婚となるとかなりハードルが高くなりますが、相手が一般人ですから、あっさりゴールインという可能性も大。芸能記者は、石原のドラマや映画の出演スケジュールを見つつ、先読みしながらの取材です」

 石原さとみが所属するホリプロは、タレントの松居一代(60)と和解が成立した。昨年夏、離婚協議中だった当時の夫で俳優の船越英一郎(57)に対する名誉毀損、業務妨害などを所属事務所が問題視し、訴訟に発展していた。

 「ホリプロの発表がなければすっかり失念していました」

 苦笑いのスポーツ紙記者は、こう続ける。

 「松居も以前は、船越を日本一の俳優にすると前のめりになっていました。恋愛も結婚も、ちょっと冷静さが必要ですから、石原の前のめりも心配ですね」(業界ウォッチャーX)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ