城桧吏と佐々木みゆがパルムドールのトロフィーと“初対面” 映画「万引き家族」イベント

 「第71回カンヌ国際映画祭」で最高賞、パルムドールを受賞した映画「万引き家族」(8日公開)のイベントが3日、東京都内で行われ、是枝裕和監督(55)、出演俳優のリリー・フランキー(54)、城桧吏(11)、佐々木みゆ(6)が出席した。

 万引で生活費の一部を稼ぐ家族を描いた同作で、一家の子供を演じた子役の城と佐々木はパルムドールのトロフィーと“初対面”。受賞後、段ボールでトロフィーを工作していたという佐々木は本物を触り、「ダイヤモンド? プラスチック?」と無邪気に質問。4キロのトロフィーを2人で掲げると、城は「重かった。この手、洗えません」と興奮し、佐々木も「マイクより重い。みんなにも触らせてあげたい」と大喜びした。

 子役2人の演技について是枝監督は、「映画祭の審査員から『子供達はどうやって撮ったんだ?』と聞かれた」とひきつけたことを告白。パルムドールの反響は大きく、小学6年の城は「学校の人から『おめでとう』『一番すごい賞でしょ?』といわれた」と照れ笑い。小学1年の佐々木も「学校で、4年生に『佐々木みゆちゃんだよね? めっちゃかわいい』といわれた」と明かした。

 城が「是枝監督の作品にまた出たい」と熱望すれば、佐々木も「パート2をやりたい。お願いします」と是枝監督を見上げた。2人のおねだりに是枝監督は「大ヒットしたら考える」とタジタジだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ