松居一代、約2時間半に及ぶ聴取も「ホッとしております」

 元夫で俳優、船越英一郎(57)から名誉毀損(きそん)で刑事告訴されていることを明かした女優、松居一代(60)が4日、警視庁北沢署に出頭し、3回目の事情聴取を終えた。

 “白黒をつける”の決意表明なのか白のシャツと黒のパンツ姿で、午前8時53分にママチャリで現れた松居は、DVDなどが入った重そうな紙袋とA3サイズのフォルダーの中身を「証拠をたくさん持ってきました。民事では出せなかったのですが、刑事ですから」と説明。

 約2時間半に及ぶ聴取を終え、再び報道陣の前に現れると「前回からかなりの量を提出してきたので、来たときより軽いです」と晴れ晴れした表情を見せた。

 報道陣から「感触は?」の問いかけに「分かりません。今まで出せなかった証拠の数々を見ていただくことができてホッとしております」と満足そうに語った。

 松居は5月23日に自身のブログで船越から名誉毀損(きそん)で刑事告訴されていることを明かし、同24日、28日と事情聴取に応じていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ