間寛平、伝説のギャグ「引きずり女」まさかのドラマ化でございます~

 タレント、間寛平(68)がカンテレのオムニバスドラマ「大阪環状線 Part4 ひと駅ごとのスマイル」(10~12月放送予定)の今宮駅編に出演することが6日、分かった。寛平が1980年代後半、東京進出の際に考えたギャグ「引きずり女」がまさかのドラマ化。顔は白塗りで、裾の長いドレスと超ロングヘアを不気味に引きずるミステリアスな役を演じた。

 お笑いのギャグは数あれど、ドラマ化までされたものはあっただろうか。コントのような衣装を着た寛平が「引きずり女」を怪演だ。

 「スタッフは大変やなぁ~。俺が引きずる(歩く)だけで何人来てんの。でも、俺にセリフあらへん。3回だけ。9文字しかあらへん」

 声を発するセリフは「もろてくで~」「みらい」「う~~~」の3回のみ。髪の毛やドレスを不気味に引きずりながら歩く演技に終始した。白塗り、ドレス、超ロングヘア…。休憩中に寛平が移動する際は複数のスタッフで持ち上げなければならない大がかりな衣装で、不気味な役を演じた。

 「引きずり女」とは寛平考案のキャラクター。1980年代後半に東京進出した寛平だったが、仕事がなく困り果てていた。マネジャーが必死に売り込んでカンテレ系人気番組「笑っていいとも!」の出演をゲットし、「5分間あげるから何かやってみぃ!」とスタッフに言われた寛平は必死で案を練った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ