森田童子さん、65歳…4月に心不全で死去 晩年は主婦として生活

 TBS系ドラマ「高校教師」の主題歌「ぼくたちの失敗」などで知られる女性シンガー・ソングライター、森田童子(どうじ)さん(本名非公表)が4月24日、心不全のため自宅で死去していたことが12日までに分かった。65歳だった。

 遺族から連絡を受けた日本音楽著作権協会(JASRAC)によると、昨年から体調を崩し、入退院を繰り返していたという。親族のみで葬儀を済ませており、お別れの会は行わない。森田さんは晩年、主婦として暮らしていた。

 JASRAC会員は、死亡すると作詞作曲など印税の振込先変更が必要になる。関係者によると、森田さんの場合も遺族からその旨の問い合わせと死亡の連絡があり、今月発送された同協会の会報に訃報が掲載された。

 森田さんは1975年に「さよなら ぼくの ともだち」でデビューし、素性や私生活を明かさない歌手として注目された。虚無感の漂う歌声も人気を集めたが、83年に活動休止。93年の「高校教師」の主題歌に76年発売の「ぼくたちの失敗」が起用され、再ブレークしたが、再び表舞台に登場することはなかった。一昨年には最新技術でリマスターされたアルバム全集も発売された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ