阿部サダヲ、HYDE作曲の主題歌歌う!豪華アーティスト14組参加

 俳優、阿部サダヲ(48)が主演するロックコメディー映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」(三木聡監督、10月12日公開)に14組の豪華アーティストが参加することが19日、分かった。ラルク アン シエルのボーカル、HYDEが阿部が歌う主題歌を作曲し、歌手のあいみょん(23)がヒロイン役の吉岡里帆(25)が歌うもう一つの主題歌を担当。強力タッグで映画を華やかに彩る。

 今をときめく豪華布陣が集まった同作は、声帯にドーピングしている秘密を隠し、限界におびえるカリスマロック歌手・シン(阿部)が異様に声が小さいストリートミュージシャン・ふうか(吉岡)と出会うことで運命が動き出すロックコメディー。物語をいっそう盛り上げるのが、HYDEが作曲した主題歌「人類滅亡の歓び」だ。

 製作側が、カリスマロッカーが歌う楽曲は、日本を代表する本物のカリスマに手掛けてほしいとHYDEにオファーした。依頼を受けたHYDEは破滅寸前ながらも懸命に生きる主人公の心情など映画の世界観をイメージして作曲。ギタリストで作詞家、いしわたり淳治(40)が歌詞を付け、阿部扮する主人公の絶叫から始まるパンチの効いたハードロックナンバーに仕上げた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ