映画に引っ張りだこ 女優・モデル、池田エライザさん自身の“心のロンダリング”

 なんと今年だけで声優を含む映画出演は8本、さらにテレビの歌番組の司会も務めている。モデルで女優の池田エライザさん(22)は、今大忙しだ。7月には、5本目で2度目の主演作となる映画「ルームロンダリング」(片桐健滋監督)が控える。こんな人気者が、実は周囲との交流が苦手という悩みを抱えていると明かす。

心のつっかえ棒

 「ルームロンダリング」では、他人とうまく接することができない八雲御子(みこ)という女性を演じる。

 御子は、不動産業者の叔父に頼まれ、殺人事件や自殺などがあった部屋、いわゆる「事故物件」に住むアルバイトをしている。事故の履歴を帳消しにするロンダリング(浄化)役としてワケありの部屋から部屋へと渡り歩く御子は、行く先々で幽霊となって部屋に居座り続ける元の住人たちと出会う…。

 といっても、オカルト映画ではない。心温まるコメディーだ。

 幽霊との交流を通して心が“ロンダリング”された御子は、一歩踏み出すある決断をする。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ