『万引き家族』上海国際映画祭で公式上映 是枝監督「中国でも多くの方にこの映画を届けられれば」

 今年のカンヌ国際映画祭で最高賞「パルムドール」に輝いた映画「万引き家族」が中国・上海で開催中の第21回上海国際映画祭で公式上映され、是枝裕和監督(56)らが舞台あいさつを行った。

 約1000人が詰めかける中、是枝監督は「今回の受賞をきっかけにして中国でもより多くの方たちにこの映画を届けられれば」とPR。大学生の頃に中国のチャン・イーモウ監督(68)やチェン・カイコー監督(65)の作品に触れたことも明かし、「日本と中国の監督たち、役者たちが深く長い関係を作れたらいいなと思う」と友好を願った。女優の松岡茉優(23)、子役の城桧吏(11)も出席した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ