アプリ「NHK W杯」にテレビマン戦々恐々 視聴者は話題沸騰

 【芸能ニュース舞台裏】

 サッカーW杯で盛り上がる梅雨の季節。テレビマンの注目を集め、さらに恐れさせるスマホアプリがあるという。その名は「NHK 2018FIFAワールドカップ(NHK W杯)」。

 「見ちゃいますよ、あれは。テレビじゃ味わえない戦略性が分かるし。若い人にこういった視聴習慣が付くと、テレビも将来的に立ちいかなくなっちゃいますよ」と民放編成マンが伝える。

 サッカーの試合が、通常のカメラ以外にワイヤーカメラ、戦術カメラなど4分割で楽しめる。しかもボール支配率などチームデータも、すぐさま取り出せるのだ。

 「話は少し変わりますが、先週、STU48のメンバーが映画館でVRを体験するイベントに参加しましたが、口々に没入感のすごさを訴えていました。最新のテクノロジーは、テレビや映画製作に必ず影響を及ぼしますから、VRがこの先普及すれば、カット割りという概念さえどうなるのか分からない。先日、俳優の別所哲也が映画祭に登場した際、『演じることの意味、映画の文法そのものが変わってしまう』と話していました」(ウェブサイト記者)

 スマホアプリ「NHK W杯」が示唆するのはテレビが映す一画面を見るだけのこれまでの時代が、急速に時代遅れになりつつあるという現実。時代は急激に変わる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ