井之脇海、初主演ドラマがフジで地上波初放送「一人でも多くの人に届くことを祈っています」

 俳優、井之脇海(かい、22)の連続ドラマ初主演作で今年3月に動画配信サービス、FODで配信された「青と僕」が、7月9日からフジテレビ系(初回は月曜深夜1・30)で地上波初放送されることが3日、発表された。

 同作は、突然亡くなってしまった親友の死の真相を探す青春ミステリー。誰もが大人になるにつれて感じる人生の転機を、主人公の“ぼく”と親友の“あいつ”、高校時代の同級生である紫織の3人の結びつきと別れを通して描く。

 主人公を演じるのは、昨年のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」で注目された井之脇。12歳で出演した黒沢清監督の映画「トウキョウソナタ」(08年)でキネマ旬報ベスト・テン新人男優賞を受賞するなど、子役時代からキャリアを積んできた若手成長株だ。

 親友役には祖父に故三國連太郎さん(享年90)、父に佐藤浩市(57)を持つ新鋭俳優、寛一郎(21)、紫織役にはモデルとしてだけでなく女優としても成長著しい池田エライザ(22)が演じる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ