松田龍平の「うぃー」に野田洋次郎が苦笑「玄関に行くのもいやになった」

 俳優、松田龍平(35)が3日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われた主演映画「泣き虫しょったんの奇跡」(豊田利晃監督、9月7日公開)の完成披露試写会に共演でロックバンド、RADWIMPSのボーカル、野田洋次郎(32)らと出席した。

 脱サラ棋士・瀬川晶司五段(48)の自伝的小説の映画化で、松田は「諦めないことが何かに繋がる勇気をもらえる映画だと思います」と感想。同作をサッカーW杯で奮闘した日本代表に例えて、「サムライジャパンのような映画。将棋は日本の国技のようなもので日本の魂が籠っている。将棋という世界で奮闘する瀬川さんを含め周りの人々の生き様を見て頂ければ」とPRした。

 松田の幼なじみでライバル棋士役を演じた野田は、私生活でも松田と仲が良く、「龍平は僕の家のキッチンに僕よりいるくらいたばこを吸ったりして」と笑顔。28日夜のW杯ポーランド戦は一緒に野田の自宅でテレビ観戦したといい、「試合が始まっているのに全然、来ない。開始17分くらいしてから『うぃー』ってきて、玄関に行くのもいやになった。僕は正座してみるくらいなのに、こんな温度違いの人を呼んで失敗したなと思った」と苦笑い。松田は「(テレビ観戦中の野田は)異常なテンションでしたね」とハニかんだ。

 ほかに共演の松たか子(41)、新井浩文(39)らが出席した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ