木村カエラ、ジブリ出身監督と夢コラボ!ママ目線でアニメ曲制作

 歌手、木村カエラ(33)が、スタジオポノックによる短編アニメ3作のオムニバス映画「ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-」(8月24日公開)のオープニング&エンディング曲を手掛けることが4日、分かった。

 スタジオジブリ出身の米林宏昌監督(44)らが手掛けた話題作。夫で俳優、瑛太(35)との間に1男1女をもうけている木村は、ママ目線で2曲を制作。子供と一緒に歌えるテンポのいいオープニング曲「ポノック短編劇場のテーマ」と、遊ぶ楽しさを表現したエンディング曲「ちいさな英雄」(8月22日配信発売)を完成させた。

 「三鷹の森ジブリ美術館にも通っていた」というアニメ好きの木村は、念願のコラボに「夢がかなった」と感激。「子供たちがのびのびと生きてほしいと私なりの目線で書かせてもらいました」とアピールした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ