芳根&太鳳の心の叫びAimerが歌う!9・7「累-かさね-」主題歌に「Black Bird」

 女性歌手、Aimer(エメ、年齢非公表)が9月7日公開の映画「累-かさね-」(佐藤祐市監督)で初めて実写映画の主題歌を担当することが5日、分かった。

 女優、土屋太鳳(23)と芳根京子(21)のW主演作。楽曲「Black Bird」(9月5日発売)は力強いミディアムバラードで、2人の心の叫びを歌詞で表現している。

 演技力がある醜女の累(芳根)と、演技は下手だが美貌のニナ(土屋)が主人公。キスをすると顔が入れ替わるという不思議な力を持った口紅に翻弄される女優の物語だ。製作側はAimerの深みのあるハスキーボイスがミステリアスな雰囲気の作品の世界観にピッタリとオファーした。

 Aimerは「デビュー日でもある9月7日に映画の世界を楽曲が彩れていたら本当に幸せ」と笑顔。土屋は「魂の傷を包み、前を向かせてくれる歌」と絶賛。芳根も「映画の世界観を後押ししてくれる力強い歌声に感情がとても高ぶりました」と感激している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ