“名奉行”加藤剛さん、胆嚢がんで死去 80歳 酒もタバコもやらず…生真面目伝説 「野心むき出しにせず女性にも人気」

 映画「砂の器」やTBS「大岡越前」などで知られる俳優、加藤剛(かとう・ごう、本名=たけし)さんが6月18日、胆嚢(たんのう)がんのため東京都内の施設で死去した。80歳。知性あふれる二枚目俳優としてお茶の間に親しまれた昭和の名優は静かに旅立った。

 葬儀・告別式は近親者で執り行った。お別れの会を9月22日に東京・六本木の俳優座劇場で開く。タバコも吸わず、酒も飲まなかった加藤さん。近年はその激やせぶりがネット上で話題になっていたが、病と闘っていたことが明らかになった。

 早稲田大学文学部演劇科で学び、4年時の1960年に俳優座の養成所に入った。62年、主人公を演じたTBS系「人間の條件」で注目された。

 代表作は70年から99年まで約30年にわたって放送されたTBS系「大岡越前」。人情に厚い江戸町奉行、大岡忠相役は生真面目な加藤さんにぴったりの配役だった。

 日本映画史に残る名作として名高い映画「砂の器」(74年)では事件を追う刑事役の丹波哲郎さん、森田健作の熱い演技に対して犯人役の和賀英良をあくまでもクールに演じて存在感を示した。

 最後の出演作は今春2月に公開された映画「今夜、ロマンス劇場で」。2001年に紫綬褒章、08年に旭日小綬章を受章している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ