歌丸さん告別式「師匠、勝ち逃げはずるいよ」涙の吉右衛門さん

 2日に81歳で死去した落語家の桂歌丸さんの告別式が11日、横浜市港北区の妙蓮寺で関係者やファンら約2500人が参列して執り行われた。

 法名は、芸に真(しん)摯(し)であったことと、生まれ育った横浜・真金町にちなむ眞(しん)藝(げい)院(いん)釋(しゃく)歌(か)丸(がん)。横浜の海をイメージした白と青の花で飾られた祭壇の中央には、高座で落語を披露する歌丸さんの遺影が飾られた=写真(蔵賢斗撮影)。

 日本テレビ系の演芸番組「笑点」のレギュラーとして人気を誇っただけでなく、古典落語の長編人情噺(ばなし)にも意欲的に取り組んだ歌丸さん。師匠の桂米丸さん(93)は弔辞で「意志の強い、強固な、真面目なところがあった。人気におぼれず、『私は落語家なんだ』と人情噺、怪談噺に取り組んだ」と愛(まな)弟子の努力をねぎらった。

 笑点で共演した林家木久扇さん(80)は、6月20日に見舞った際、手ぶり交じりで「そこの紙を取ってくれ」と頼まれたことを明かした。「発声練習用の言葉が書いてあった。まだやる気だと思っていたのに」と残念がった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ