木久扇、爆笑弔辞!歌丸さん告別式で2500人が笑いと涙の別れ

 2日に慢性閉塞性肺疾患のため死去した落語家、桂歌丸さん(享年81)の告別式が11日、横浜市の妙蓮寺で営まれ、落語関係者やファン約2500人が参列した。日本テレビ系「笑点」で半世紀にわたり共演した林家木久扇(80)は、弔辞で爆笑秘話を披露。歌丸さんの“最後の寄席”となった斎場は笑いと涙に包まれた。また、来年4月に笑点メンバーが追悼公演を行う計画があることも判明した。

 別れを告げる斎場に、温かい笑い声が響き渡った。

 「いろんな方が師匠の芸風、姿勢をたたえていらっしゃる。それはその通りだと思いますが、私の頭の中は楽しかったことしかない」

 笑点メンバーを代表して弔辞を読んだ木久扇。落語を披露している遺影の前に立つと、忘れられない“噺(はなし)”を披露した。

 40年前、歌丸さんとクイズ番組で優勝し、東南アジア旅行を獲得したときのこと。タイからシンガポールに向かう際、初海外旅行の歌丸さんが規定額以上の米ドルを持っていたため「トイレに入って、上半身裸になった(歌丸さんの)背中にセロテープでドルを貼り付けたんです」と告白。その後、搭乗便を探したが「飛行機がもう飛んでいて、大笑いしましたね」と懐かしんだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ