献花台にファン1500人参列、会葬礼状に歌丸さんサイン同封

 2日に慢性閉塞性肺疾患のため死去した落語家、桂歌丸さん(享年81)の告別式が11日、横浜市の妙蓮寺で営まれ、落語関係者やファン約2500人が参列した。ファンのために設けられた献花台では、午前8時半から並んだ女性を筆頭に約1500人が別れの花を手向けた。

 小学生の時から「笑点」を見ていたという50代の主婦は「笑わせくれてありがとう。お疲れ様でした」と故人をしのび、70代の男性は「歌丸さんは朴訥(ぼくとつ)で落語に出てくるような人だった」と涙。ファンに配られた会葬礼状には「長年のご贔屓ありがとうございました」と記された歌丸さんのサインが同封された。関係者には会葬礼状と故人が愛した横浜・霧笛楼の菓子が返礼品として手渡された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ