みやぞん、チャリティーランナー特訓中で水泳に苦戦「息を吸うのが大変」

 タレント、関根勤(64)やお笑いコンビのANZEN漫才や流れ星ら芸能事務所・浅井企画に所属する芸人が12日、東京都内で行われた「浅井企画ゲーム部」の発足会見に出席した。

 世界的にも注目を浴びる対戦型ゲームによる競技「e-Sports(イースポーツ)」の普及が目的。8月のインドネシア・アジア大会ではデモンストレーション競技として実施され、ゲームは「みんなのGOLF」にはまっているという関根は「年齢や性別、言葉の壁を越えて楽しめるのが魅力」とPR。

 ANZEN漫才のみやぞん(33)といえば、日本テレビ系「24時間テレビ41」(8月25、26日放送)で、番組史上初のトライアスロン形式のチャリティーランナーに挑戦。現在は苦手という水泳の特訓中で「結構がんばっているんですが、泳いでる途中で『ス~ッ』と息を吸うのが大変」に息継ぎに苦戦していることを明かした。

 イベントでは流れ星の瀧上伸一郎(39)がゲームの腕前を披露して盛り上げた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ