米津玄師、NHKからオファーを受けて新曲「パプリカ」

 シンガー・ソングライター、米津玄師(27)が「東京2020公認プログラム〈NHK〉2020応援ソング プロジェクト」の楽曲を手がけることが12日、NHKから発表された。

 同プロジェクトは東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の認証を受けた同局の事業。未来に向けてがんばる人たちを応援する放送やイベントなどを展開する。

 米津はミュージックビデオの再生回数が1億を突破した大ヒット中の「Lemon」などで幅広い年代で人気を誇り、同局のオファーを受けて新曲「パプリカ」(発売日未定)を制作。同曲には「子供たちが、小さな世界を元気に生きていくための糧になりますように」との思いを込め、オーディションで選ばれて結成された小学生5人組・Foorin(ふーりん)が歌うことも発表された。

 同曲は8~9月のNHK「みんなのうた」での放送が決定。Foorinはシンプルで誰でも気軽に楽しめるダンスを交えて歌う予定で、米津は「子供たちが素直に楽しめるように」と願った。

 また、同曲のCD売り上げや配信による収益は独立行政法人日本スポーツ振興センタースポーツ振興基金に寄付される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ