テレ東ドラマ、唐沢寿明祭り!殺し屋→会社員と異例の“連チャン”主演

 俳優、唐沢寿明(55)が今秋放送のテレビ東京系スペシャルドラマ「あまんじゃく 元外科医の殺し屋が医療の闇に挑む!(仮)」と10月期の同局系連続ドラマ「ハラスメントゲーム(仮)」(月曜後10・0)に続けて主演することが16日、分かった。同じ俳優が、同じ局の全く別の作品に連続で主演するのは異例。それぞれ元外科医の殺し屋、ハラスメント事件を解決する会社員役を演じ分け、演技派の真骨頂を見せつける。

 唐沢が正反対の役どころを演じ分け、初主演となるテレ東ドラマに大きな爪痕を残す。

 先に放送される「あまんじゃく」は、元外科医の殺し屋が、悪事を働く医師を始末していく医療エンターテインメント。7~8年前に藤村いずみさんの原作小説を読んだ唐沢が「最後にショッキングな展開になって面白い」と実写化を熱望。なかなかタイミングが合わなかったが、今回、ついに映像化が実現した。

 一方、続けて放送される「ハラスメントゲーム」はコンプライアンスをテーマにしたオリジナル作。唐沢は、奇抜なアイデアと手法でハラスメント事件を解決するコンプライアンス室の室長を演じる。2つの番組は、1カ月も間隔を空けずに放送予定。同じ局で全く別ドラマの主演を立て続けに演じるのは異例だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ