司会者・中居正広は何が凄いのか? 金スマで見せた繊細な感性

中居正広が名司会者といわれる所以は

中居正広が名司会者といわれる所以は

 トップを極めた人間同士にしかわからない感覚があるのかもしれない。7月13日、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)が2時間スペシャルで〈新御三家・西城秀樹と野口五郎の友情に涙…〉を放送した。

 昭和の人気歌番組『ザ・ベストテン』や『日本レコード大賞』などから西城秀樹、野口五郎、郷ひろみの『新御三家』の秘蔵映像を流し、今年5月16日に逝去した西城さんが日本で初めて行なった“マイクアクション”“スタジアムコンサート”“ペンライト”についても言及。日本人の海外進出の開拓者であることも取り上げた。

 番組後半には、西城さんの盟友である野口五郎が登場。司会の中居正広は「僕らが勝手に、良きライバル、良き親友という風なこと言いますけども、これはね、僕らが勝手に言ってるだけであって、2人にしかわからない間柄だったんじゃないかなと思います」と紹介した。

 芸能研究家で、著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)の中で司会者・中居正広の凄さについても触れている岡野誠氏が話す。

 「改めて、中居さんの司会力の高さを実感させられました。普通なら『親友であり、ライバルでもある野口五郎さんです』などと紹介しそうな場面ですが、決して簡単な言葉で片付けない。こういう繊細さ、感性が名司会者といわれる所以だと思います」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ