つるの剛士、将棋界盛り上げる「2歳の息子を鍛え上げて藤井七段を倒したい」

 タレントでミュージシャン、つるの剛士(43)が19日、東京都内で行われた「竜王戦」鹿島神宮初開催記者発表会に出席した。

 第31期竜王戦七番勝負の第3局が11月1、2日に茨城・鹿島神宮で初開催されることになり、将棋のアマチュア3段という棋力を誇るつるのがスペシャルサポーターに就任。羽織袴姿で登場したつるのは「棋士が将棋盤に向かう姿に人生の魅力を感じる。若い方も将棋の魅力にハマってほしい」とアピールした。

 また、将棋の最年少プロの藤井聡太七段がこの日、16歳の誕生日を迎えたことにからめて「ぼくには5人子供がいますが、2歳の息子を鍛え上げて藤井七段を倒しに行きたい」と勝負に燃えていた。

 一方、報道陣から「最近、何の勝負をした?」と問われると「サーフィンや釣りやいろんな勝負をしています。野菜も栽培しているし何が本業か分からない。“父”でいいです」と親バカぶりを発揮していた。

 この日は女優、高島礼子(53)も同じくスペシャルサポーターとして出席。父親が囲碁派で自身は将棋の経験はないと話したが、「将棋界が全体的にいい方向に動き出した感じがします」とその盛り上がりを喜んでいた。

 今期は昨期の竜王戦を制して永世竜王資格を獲得し史上初の永世七冠に輝いた羽生善治竜王(47)に誰が挑戦するのかに注目が集まっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ