川村壱馬、始球式で103キロ「めちゃくちゃ緊張しました」

 「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」のボーカル・川村壱馬(かずま、21)がヤクルト-中日戦で始球式を務めた。

 103キロの直球を捕手・中村のミットのノーバウンドで投げ込み「100キロ以上を出せたのでよかったです。めちゃくちゃ緊張しました」と興奮した様子で話した。

 7月18日には6枚目のシングル「HARD HIT」を発売したばかりで、9月12日にはファーストフルアルバム「THE RAMPAGE」が発売される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ