久本雅美、映画初主演でドヤ顔「歯茎隠すのに必死でした」

 タレント、久本雅美(60)と元AKB48の歌手、板野友美(27)が28日、東京都内で行われたW主演映画「イマジネーションゲーム」(畑泰介監督)の初日舞台あいさつに出席した。

 ネットの世界では別の顔を持つキャリアウーマン(久本)と主婦(板野)がひょんなことから出会い、それぞれの人生を見つめ直していく物語。

 久本は芸能生活35周年で映画初主演。部下役の仙石みなみ(27)から「普段はとても明るいのに、撮影が始まると怖い上司だった」と演技を絶賛されると「やだ~女優魂見せちゃった」とドヤ顔。「『久本雅美』は一切出すなといわれたので、歯茎隠すのに必死でした」と笑いをとるのも忘れなかった。

 劇中では、街中に隠した自身のパンティーを、ヒントを頼りに探させるサイトのカリスマ的女神という顔を持つ設定。役にちなんで、赤のパンティーで作られた“バラの花束”をプレゼントされた久本は「まずは2000円から!!」と観客に向けて公開オークションを始めて、爆笑を起こしていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ