フジファブリックの山内総一郎がオリックス戦始球式「ノーバウンド目指していたのでうれしい」

 人気バンド、フジファブリックが1日、プロ野球・オリックス-楽天(京セラ)で始球式を務めた。「J SPORTS」のプロ野球中継テーマソング「電光石火」を歌っていることもあり、始球式が実現。メンバーを代表してボーカルの山内総一郎がマウンドに立ち、捕手のミットまでノーバウンドで届く投球を見せた。

 「ノーバウンド目指していたのでうれしいです」と山内。「キャッチボールとかで練習したんですけど、元甲子園球児のマネジャーのおかげです。神聖なグラウンドでものすごく力を感じました」と振り返った。

 また、オリックスでは山崎勝己捕手(35)が同バンドの「徒然モノクローム」を登場曲に使用しており、「さきほど控室でお会いしました。ずっと使ってくださっているみたいでうれしいです。ファンの方からの手紙で山崎選手が登場曲に使われていると聞いていたので、きょうお会いできて光栄です」と喜んでいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ