「DA PUMP」紅白濃厚のワケ 不祥事続くジャニーズの枠減で入り込む余地…『U.S.A.』ハロプロとコラボも

 2018年も早くも半分が過ぎたが、音楽業界は相変わらず低迷にあえいでいる。そうした中、にわかに復活を遂げ、業界を盛り上げているダンス&ボーカルグループ「DA PUMP」の年末の動向が注目されているという。

 「DA PUMP」は今年6月、約3年半ぶりにリリースしたニューシングル『U.S.A.』がまさかの大ヒット。

 「同曲は1990年代のユーロビートですが、ミュージックビデオが公開されると、前時代的なダンスが若者を中心に“ダサかっこいい”とSNS上で話題になりました」と音楽誌編集者。

 さらにこう続ける。

 「『モーニング娘。』らを擁するハロー!プロジェクトの曲調に似ていることからアイドルファンも巻き込んでバズり、MVは再生回数が3000万回を突破。ダンスをマネた動画をSNS上にアップする現象も起きています。もちろん“ダサかっこいい”の背景にはメンバーの卓越したダンススキルがあるのですが」

 「DA PUMP」といえば、96年に結成されて数々のヒット曲を世に放ち、98年からは5年連続で「NHK紅白歌合戦」に出場。ボーカルのISSA(39)はこれまでに何人もの女優やタレント、アイドルらと浮名を流し、“平成の火野正平”とまで呼ばれ、プライベートでも話題を振りまいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ