朝ドラ女優さらに進化!葵わかな、ジュリエット役で初ミュージカル

 NHK連続テレビ小説「わろてんか」でブレークした女優、葵わかな(20)が来年2~4月に東京国際フォーラムをはじめ、愛知、大阪で上演する世界的名作「ロミオ&ジュリエット」のミュージカルに初挑戦することが6日、分かった。純愛を貫くジュリエットは、大ファンの宝塚版を見て憧れていた大役だけに「運命的なものを感じる」と感激。また、「わろてんか」で共演した俳優、大野拓朗(29)がロミオ役に決まった。

 「わろてんか」で関西弁の明るいキャラクターを演じた葵が一転、悲劇のヒロインを演じる「ロミオ-」は、2001年にフランスで初演され、注目を集めたミュージカル。

 日本では「エリザベート」などの作品でミュージカル界を牽引(けんいん)してきた演出家、小池修一郎氏(63)の手によって10年に宝塚歌劇団が初演し、11、13、17年に小池氏が演出した日本オリジナル版が大ヒットした。

 葵は、4年前に出演したテレビ番組の企画がきっかけで宝塚のとりこになり、大ファンの明日海りおがロミオ、愛希れいかがジュリエットを演じた12年の宝塚版もDVDで視聴していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ