山根明劇場はヤクザ映画以上の面白さ 尾木ママ「子どもたちへの悪影響が心配」

 日本ボクシング連盟の不正疑惑で、助成金の流用や過去の暴力団組長との関係が批判を受けている山根明会長(78)が8日、進退を表明する。日本連盟が7日に開いた緊急理事会では、自身の去就を一任され、終了後「男としてのけじめを話す。時間をください」と辞任の可能性をにじませていた。

 教育評論家で“尾木ママ”こと尾木直樹氏(71)はこの日、自身のブログで「確かに『山根明劇場』はヤクザ映画以上の面白さ」と評した上で、「一方で子どもたちへの悪影響が心配です」と懸念を示した。

 「お昼の時間の山根会長の会見 午後に告発第2弾が撃ち込まれる前に【男の花道】 退き際与えるような『配慮』?? 見え見えですね」と正午に行われる予定の会見に注目していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ