大林監督、脳にがん転移していた!肺がんで闘病中の昨年判明も「奇跡的に消えた」

 がん闘病中の映画監督、大林宣彦氏(80)が9日、故郷の広島・尾道市で、新作映画「海辺の映画館-キネマの玉手箱-」(仮題、来秋公開予定)の撮影の合間にサンケイスポーツの独占取材に応じ、がんが脳に転移するも奇跡的に消えたことを激白した。プロデューサーの夫人、恭子さん(80)も網膜剥離(はくり)の手術を受けたばかり。大林監督は互いに支え合いながら、夫唱婦随で傑作を目指す覚悟をみせた。

 瀬戸内海の潮風薫る倉庫群。その一つにセットを組み、7月1日から故郷・尾道市で約20年ぶりとなる撮影を続ける大林監督が仰天告白した。

 「実は去年3月、がんが脳に転移したんです」

 大林監督は6年前に前立腺がんを発病。克服したと思った矢先の2016年8月、今度は末期の肺がんで余命3カ月と告知された。手術は受けず、抗がん剤で劇的にがんが縮小したが、昨年、脳に転移が判明。「でも、放射線治療で奇跡的に消えたんです」と医学の進歩に感謝した。

 その後は2週間に1度の定期検診を受け、数値に異常はない。顔は日に焼け目にも力がある。だが、「抗がん剤で味覚障害になっちゃってね」と食欲が減退。70代のときの身長1メートル75、ベスト体重72キロが現在、1メートル60、体重54キロになったことも明かした。それでも映画への熱は衰えない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ