こじるりがストライク投球に笑顔 京セラドームで自身10度目の始球式

 タレント、小島瑠璃子(24)が18日、プロ野球・オリックス-ソフトバンク(京セラ)で特別始球式を行った。

 小島は現在公開中のピクサー製作の劇場版アニメ「Mr.インクレディブル」の続編「インクレディブル・ファミリー」(ブラッド・バード監督)の日本語吹き替え版で声優に初挑戦し、ヴォイド役を務めた。

 この日は役を意識した衣装で登場。自身10度目の始球式ではボールが本塁手前ギリギリでバウンドするも、ストライク投球に「これまで1回しか成功していなかった。(成功率)2割ですね。勝率が上がってうれしい」と笑顔を浮かべた。

 今回はT-岡田から助言を得たといい、「練習を手伝ってくださって、『適当に投げた方がいい』と言ってもらった。最初は何言っているんだろうと思ったけど、『緊張すると、どんどん体はかたくなって投げられなくなるから適当に上の方に投げるぐらいでいい』と言ってもらって、その通りにしたら届いて、本当だな、と」と振り返っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ